中島翔哉 香川を抜いて市場価格日本人歴代トップに!

日本代表のMFで、現在カタールのアル・ドゥハイルに所属している中島翔哉選手がついに歴代トップに立ちました!


 

中島 翔哉

f:id:yuto18m:20190504072608j:image

写真 : Getty Images

5月3日に、中島翔哉の「推定市場価格」が更新されました。それまでの中島の市場価値は、1800万ユーロ(約23億4000万)でしたが、今回の変動により、2500万ユーロ(約32億5000万円)になりました!!

これまでの1位は、香川真司選手の2200万ユーロ(約28億6000万円でした!!この記録は、2012年夏、ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した時で、中島翔哉が約7年ぶりに更新しました!!


 

中島は元々、パリ・サンジェルマンやマンチェスターシティなどの超ビッククラブが獲得を狙っていると言われていました。しかし中島は新天地に中東のアル・ドゥハイルをチョイス。今回の推定市場価格の上昇で再び欧州からも注目されるだろうが、個人的には欧州に戻って欲しいと思ってしまいますね。

まとめ

推定市場価格自体が高騰している時代なので、一概に全てを同じ価値で比べるのは良くないかもしれませんが、中島翔哉 香川真司 中田英寿あたりは同じくらいの価値でしょうね。

今後、100億円を超える日本人サッカー選手が現れることを私は期待しております(笑)

それでは今回はここで終わります。

ありがとうございました!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


海外サッカーランキング


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です